ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

イギリスの皇室・ヘンリー王子とのこ婚約をした人、
わたしはお顔の区別がついていません・・・

しかしファッションはそうとうにカジュアルなようですね。

シャツとスキニージーンズなんて、
特に名前もない普通のかっこうという気がします。

きれいな人がやればそれはそれで映えるのでしょう。

この方にはスタイリストがついているようで、
親しみやすさと洗練を両方取り入れているのだとか。

高級志向という感じがしないところは、
いいのかなという気はします。

こういうのは、
一般の人でも真似できるというか、
センスを取り入れることもできそうですので、
私も参考にしたいですね。

----------------------------------------------------------------------
親しみのあるネオコンサバをマスターする
ヘンリー王子との婚約をついに発表したメーガン・マークルは、まさしく2017年ノッてるセレブの代表格。彼女の着こなしは、シャツにスキニージーンズ、タートルネックにミディ丈スカート、ドレス風に着たラップコート……と実にシンプル。そう、これこそが彼女のファッションルール。

(ELLE ONLINE(エル・オンライン) 2017年12月29日)
-----------------------------------------------

ネットショップで洋服を購入するひとは多いのですが、
実際にはやはり、店舗でしっかり吟味して購入するのがいちばんですよね。

触ってみることのできないネットの特性をカバーするために、
ネットショップでも、いっしょうけんめい工夫して、
ユーザーの声を記載したり、
動画で触感を目で想像できるようにしたりと、
工夫しています。

でもやはり、ほんとうは
実店舗で購入するのを望んでいる人が多いようです。

お客さんのアンケートでもそういう結果が出ているので、
ネットショップがいかに発達しても、
その点は変わらないようです。

ZOZOTOWNをはじめネットショップで洋服を購入する人は増えていますし、
レンタルのファッションサイトの利用者も増えているのもまた確かなこと。

時間がなくて忙しいからネットですますというのもあると思いますし、
実店舗でお気に入りのショップを継がすのが面倒という側面もあると思います。

特に、地方へ行くと、
ショップの数自体が少ないという点もありますし。

----------------------------------------------------------------------
店舗で購入する人からは、「初めて買うものは実際に見たときのデザインやサイズ感、素材などが気になるから(男性/22歳/大学4年生)」「洋服はきちんと試着してサイズがぴったりなものを買いたいから(男性/21歳/短大・専門学校生)」というような意見が多く、実際に手に取って、実物を確かめたいという堅実な人が多いようです。また他には、「店員さんのアドバイスを聞きたいから(男性/22歳/大学3年生)」という意見も。確かに店舗の利点の一つに、客観的なアドバイスをもらえることがありますね。
逆に、3位に入ったオンラインショップ・アプリで購入している人には、「店員に話しかけられるのが苦手だし、探しやすいから(男性/22歳/大学4年生)」という理由もありました。

(ニコニコニュース 2017年12月8日)
-----------------------------------------------

ストリートダンスの方々は、
いつもカジュアルで、カラフルで、
季節感としてはいつも夏のような気がしていましたが、
もちろん冬には冬のカジュアルファッションもあるのだとか。

大きなプリントとか、
鮮烈なカラーのニット素材など、
やはりインパクトのあるファッションが多いようですね。

ウインターセールが行われるということで、
大きな告知がされているのをみました。

カジュアルブランドとして
普段のファッションに役立ってくれそうなので、
要チェックだと思います。

とはいえ、私は、
ダンスファッションとはちょっと縁遠いです。

着てもたぶん似合わないですし、
着こなせもしないと思います。

どちらかというと、おとなしめのファッションを着る方が多いのです。

----------------------------------------------------------------------
ストリートカジュアル・ダンスファッションブランド「Hip ROCKER」

12月に入り本格的に肌寒い季節に差し掛かって参りましたね。
当ブランドでは冬物を格安価格でご提供させていただいております。

プレセールよりもさらに冬物の価格をマークダウンをして掲載させて頂いております。
ジャケットやカーディガンなどまだまだこれから着れる商品がMAX80%OFFまで

(時事通信 2017年12月8日)
-----------------------------------------------

Perfumeさんは、世代を超えて人気がありますね。

それも長きにわたって。

若い女性から、年配の男性まで、
「かわいい」「きれい」「ファッショナブル」、
また、「ダンスが素敵」「真似したい」など、
みんなそれぞれのチャンネルで、
楽しむことのできるアーティスト、
そういった点からもパヒュームは貴重かも。

ライブ会場では、Perfumeさんの衣装をまねたファンが多いそうで、
ファッションについての影響力の大きさを感じますね。

ミュージシャンやアーティストを、真似することで、
ファンは自信をもって一歩を踏み出します。

ファッションにはそういう力がある、
ということなのでしょう。

パヒュームはそういったファンの人たちのために
ブルゾンやパーカーなどの方を提供するようです。

こういう試みって
ファンにとっては楽しそうですよね。

----------------------------------------------------------------------

Perfumeのライブ会場では、ミュージッククリップの衣装を真似て自作した洋服を着用してライブに参加するファンが多く、このプロジェクトは、そんなファンの想いと繋がることができる洋服を提案できたらという発案のもと立ち上げられたという。また、日常の中で洋服やアクセサリーを身に付けることで、自信を持って一歩を踏み出し、背中を押すようなきっかけになる、そんな力を与えられる洋服を共有したいという想いも込められているそうだ。

今回展開されるのは、Perfumeの楽曲「Spring of Life」や「FLASH」の衣装から着想を得たブラウスなどのレディースアイテムから、ユニセックスで着用できるブルゾン、パーカーとパンツまで全8型。

(BARKS 2017年11月30日)
-----------------------------------------------

先日、クリスマスツリーの点灯式があったようで。

それに出席した芸能人の方のファッションについて、
ドン小西さんが意見を述べられていました。

確かに、それはあるかもですね。

点灯式というセレモニーで、
ごく一般的なフレンドリーな服装で臨むということは、
なんのための芸能人かという感じは、あるかも。

ここを豪華に素敵にできるのが、
芸能人たるところかもですから、
ドン小西さんのいうこともちょっとわかるかなと思います。

芸能人はやはり華やかさの演出の一つとして呼ばれている訳ですから、
ファッションも華やかにしてほしいというのは分かります。

それとも、本人たちは、
ツリーが華やかであるのだから、
わき役に徹しようとしたのかも?

とはいえ、こういう批判を常に浴びるというのも
なかなか大変な職業ではありますね。

----------------------------------------------------------------------

最近、点灯式はどこも、コート姿の芸能人が多いけど、ほんとやめてほしい。だって、観客の目を楽しませるのが仕事。防寒もできる華やかでスターらしいファッションが、いくらでもあるのにさ。

 この日も、ツイードのチェスターコートに、地味なスーツと地味なタートルネックの大泉洋さんなんて、そのまんま一般人だけど、北川景子ちゃんだって、気合が入っているのは靴だけ。花柄のワンピースといい、白いファーコートといい、港区あたりのOLレベルだよ。

(AERA dot. 2017年11月26日)
----------------------------------------------- 

フォーエバー21で、
全身がスケスケなオールインワンがあると・・

見たのですが、
これをハードな感じに仕上げるには、
靴とか髪とか、メイクとか
全部きちんとハードなかたちに仕上げないと、
ちょっと怪しい感じになりそうですね。

なにか忘れてきたの?みたいな・・

こういったセンスが問われる服はほんとに難しいので、
ファストファッションならではの価格を、
新しい挑戦に生かす感じで楽しむ人には、
いいのかもしれませんね。

----------------------------------------------------------------------
【公式「ライダースを直に羽織るべし」】
公式サイトで披露されているのは、ヒールのあるホワイトブーツにブラックのライダースジャケットを合わせたハードなコーディネート。サングラスと鎖みたいなベルトもあわせていて、映画『HiGH&LOW』シリーズにでも出てきそうな佇まいですっ。

コレを街中で実行するにはおそらく相当の勇気が必要ですし、露出が多すぎることもやや気になります。

(livedoor 2017年11月18日)
----------------------------------------------- 

髪の色を季節によって変える、という発想は、
昔はちょっと考えらえなかったかもしれないです。

髪のカラーリングが、それだけ、
一般的になっている証拠ですよね。

美容師さんにお願いすると、
絶妙な色合いに毎回調合して染めてくれますが、
料金がそれだけやはり高いので、
なかなか、いつもお願いすることができません。

でも最近、市販のカラーリング剤でもちょうど合うものをみつけました。

泡タイプのものってショートヘアだとなじませるのが意外と難しいのですが、
その商品はわりとゆるめで、根元までの浸透が早く、
とっても扱いやすいです。

秋色というわけではないですが、
ヘーゼルナッツのような微妙なカラーがあって、
ファッションを問わない仕上がりも気に入っています。

もっとそういう商品が増えたらうれしいのですが。

----------------------------------------------------------------------

アイテム選びはセーフでも、色のセンスがなくてダサくなっているケースは珍しくありません。ファッションはもちろん、髪の毛やネイルの色のセンスも問われます。やっぱり色選びはプロを参考にしたいものです。

 美容家の君島十和子さんは、秋色に髪色をチェンジしたそう。「秋色のトーンに少し抑え気味」「でも光が当たるとクルミのようなベージュに透ける」絶妙な髪の色に仕上げてくれた、美容師さんのセンスは本当にすごいと大絶賛していました。この美容師さんは、季節によって髪色を微調整してくれるそうです。

(アサジョ (ブログ) 2017年11月4日)
----------------------------------------------- 

新垣結衣さんは、最近いろいろな役を演じて、
すっかり幅の広い女優さんになってきた感じです。

ファッションリーダーとしても、
かわいらしさと大人の女性らしさが同居していて、
親しみやすく同性からも男性からも好かれているのではないでしょうか。

『anan』2075号では、そんな新垣さんの表紙で、
スポーツテイストの雰囲気で、
新しい魅力を飾ってらっしゃいます。

スポーツ系のファッションは、
以前はちょっとダサイというイメージがあったと思いますが
近年、そのイメージが変わりわりと人気の高いところだと思います。

ジムに通う人もあいかわらず多いようですし、
こういうキュートな雰囲気をスポーツテイストにとりいれられたらいいですよね。

----------------------------------------------------------------------

2017年10月25日(水)に発売された『anan』2075号(マガジンハウス)では、「アスリートに夢中!」と題し、anan初となるアスリート特集が組まれている。2020年の東京オリンピックまで1000日を切った今、知っておきたい話題の競技や新しいスポーツの世界で活躍するアスリートを中心に、世界のトップに立つために日々努力を重ね続けている選手たちの素顔に迫っている。

 同号の表紙を飾ったのは、公開中の映画『ミックス。』で“元天才卓球少女のアラサーOL”役を務めた新垣結衣。アスリート特集に絡め、“スポーツテイスト”をミックスしたファッション撮影に挑戦。インタビューでは、初挑戦した卓球の話をはじめ、アスリートの世界への印象などをたっぷりと語っている。

(ダ・ヴィンチニュース 2017年10月28日)
-----------------------------------------------

個性的なファッションのドン小西さんは、
ファッションの評価としてヒトをみるときも、
やっぱり個性的な人をよいと思うようです。

シックなファッション、というのと、
つまらないファッションというのは紙一重なところもある気はしますが、
賞をとる俳優さんたちはやはり、
あまり突飛なスタイルで受賞に臨むわけではないので、
オシャレという評価は得られにくいようですね。

かつては、若い男性の受賞風景というと、
三つ揃いくらいのかっちりした感じだったと思いますが、
今はある程度くだけたファッションなだけに、
無難で面白みのないファッションとしてみられることも多いようです。

私としても、やはり、俳優さんも、
今流のある種自然体のファッションをしている方が好きなな。

それに、今、俳優さんに求めているイメージは、
遠い存在と言うよりは、身近にいそうな感じというものも重要な気もしますし。

----------------------------------------------------------------------

一方、男性部門で受賞したのが、今年の何とか賞レースを総なめしそうな、この人。今年人気の俳優というと、竹内涼真だの、坂口健太郎だの、ファッション界の流行と同じノージェンダーの無味無臭系が多いよね。その中ではキャラが立ってるほうなのに、こうやって表彰式に立つと、やっぱり無味無臭だわな。

 無難なファッションを選ぶのも、この手の人気俳優たちの特徴。彼も、今年流行しそうなワインカラーのタートルネックセーターにダブルのジャケット、プレスがビシッと入っているのに裾が長すぎてヨレヨレの残念なパンツという一般人ファッション。しかし、名優っていうのも変わったよ。三船敏郎だの、勝新太郎だの、男臭くて、毛むくじゃらな、昭和の名優、カムバーック!

(AERA dot. 2017年10月20日)
-----------------------------------------------

キモノは和装、が定番ですが、
インスタグラムでの写真では、
和装としての着物ではなく、
ファッションとして、kimonoタグがあり、
ロングカーディガンのように羽織った着物をみることができるとか。

わたしはそれを実際にはみたことがないですが、
このロングカーディガンの流行をみていると、
雰囲気的には着物に近いものがあるなあと思います。

着物地は独特の美しさがありますし、華やかですよね。

ただ、冬の着物だと相当に重いものもあるので、
夏に着るようなもののほうがイメージとしては、
洋服ファッションに使いやすいのかもしれません。

そういえば、外国人がこのような着方をするのを、
かなり以前に見た記憶があるような。

たぶん、そういう着方を、
今の海外の若い人たちも着てインスタに写真をアップしているのでしょうね。

こういう着方でも着物を着る機会が増えるようなら、
着物業界の人たちはうれしいのではないでしょうかね。

----------------------------------------------------------------------

ところが最近、おもに海外のオシャレさんの間で、トラディショナルな着物とは別の「キモノ(kimono)」がじわじわ流行っているというのです。

インスタグラムのハッシュタグで「#kimono」や「#kimonocardigan」と検索してみると、出てくるのはロングカーディガンのようなアイテム。ふわりと羽織ったその姿は、言われてみればたしかに、着物を帯なしのまま身に着けているようにも見えます。

【ZARAでたくさん売られてました】
さらに調べてみたところ、みんな大好き「ZARA」の公式サイトで「キモノ」と検索すると「キモノ風トップス」「キモノ風ジャケット」などと名付けられたアイテムがじゃんじゃん出てくるではありませんか!

(Pouch[ポーチ] 2017年10月14日)
-----------------------------------------------

このページのトップヘ