まだ夏になりきらないところもあるようですが、ファッション界はすでに秋モードだそうです。 今年は、またブラックが復活するようです。 ブラックに濃いワインレッドというと、ちょうどバブル時代をちょっと思い出させる配色ですね・・やっぱり流行は繰り返すということかしら。 しかし、かつてのように何かが流行れば全てがそっちへ向くのではなく、シャーベットカラー、ビビットカラーと、それぞれの好みにあった配色がちゃんと生まれていくようですね。 黒が流行ればみんな黒、というよりずっと楽しめて、いいと思います。 ------------------------------------------------------ ダーク&ディープカラー キャメルやベージュ等の台頭で永らく影を潜めていた「ブラック」が今年は大本命! 今年はベーシックカラーからトレンドカラーに躍り出ます。そのブラックを貴重としたダークでディープなカラーも登場。ニューフェイスは「バーガンディー」。ワインレッドに近いが、それよりもさらに暗さをプラスした色。 ビビットカラー 春夏の流れを汲んで引き続き流行の兆し。春夏と少し違うのが原色そのままの色というよりもそれにブラックの深みを足したような色が流行る。「ピンク」「グリーン」「オレンジ」「イエロー」等。これらをブラックのアイテムに合わせれば一気に今年らしさを演出できる。 ナチュラルニュアンスカラー こちらは春夏のシャーベットカラーの流れを汲んだグループで、パステルイエローやミントグリーンにグレーやベージュを混ぜたようなイメージの色。またグレーとベージュを足した「グレージュ」もトレンド。穏やかでやさしい印象を与えてくれる色。これらの色を使用したシンプルアイテムに大振りのアクセサリーでアクセントをプラスすれば洗練されたスタイルに。 (マイナビニュース 2012年7月21日) -------------------------------------------------