文化服装学院で、オープンキャンパスとしても有名なファッションフェスティバルが開催されたそうです。 高校生を対象としたファッションデザインアワードや、それに伴うショーなどは全部在校生の手作りだそうですね。 これからファッション界に出ていく人たちがきっとたくさんいて、みんな才能をみがきあって、そしてこれからそこに入る人たちの憧れになっていくのでしょう。 なんだかわくわくします。 ------------------------------------------------------ 2012年7月28日(土)、山本耀司らを始め、数々のデザイナーを輩出してきた文化服装学院が「ファッションフェスティバル2012」を開催した。毎年行われるこのイベントはオープンキャンパスとして、在校生によるファッションショーや卒業生によるトークショーなどが行われ、多くの入学希望者や来場者たちでにぎわう。 高校生を対象としたコンテスト「ファッションデザインアワード2012」では、1700点以上もの高校生のデザイン画から選ばれたファイナリストたちのデザインが、在校生らのサポートにより作品として完成された。それらの作品から、『装苑』編集長の片岡朋子や、スタイリスト、デザイナーなど6名の審査員による審査を経て選ばれた受賞者の発表と表彰式が行われた。受賞者発表の後に行われたファッションショーは、モデル、ヘアメイク、映像など演出まですべて在校生が手がけ、各々の作品をランウェイで披露。 (Fashion Press 2012年7月28日) -------------------------------------------------