ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

2009年11月

ダイエット志向・健康志向が高まりすぎて、特に20代の女性の摂取カロリーは、必要量を下回ってしまっているとか。 健康に害があっては、ダイエットも意味がないですよね! コツは、おかずのバランスを崩すことなく、炭水化物を年とともに適宜減らしていくことだそうです。 といっても現代の日本人は、うどんやパスタなど、「ごはん」のない食事もかなりの回数になります。 そういった、日本にはもともとない食事が不健康につながっていっているのかもしれないですね。 ------------------------------------------------------- しかし、80年代以降、日本人の栄養状態は年々劣化し始めた。厚生労働省の07年の国民健康・栄養調査によると、エネルギー摂取量は70年代前半の約2200キロカロリーをピークに06年は1891キロカロリーに減り、終戦直後の46年の1903キロカロリーよりも少なくなった。また、たんぱく質摂取量は95年の82グラムから70グラム、脂質も60グラムから54グラムに減少した。  柴田教授は「特に(ダイエットなどに取り組む)若い女性とその子供が低栄養状態で全体の平均を下げている。粗食が健康的との誤解が広がり、食のバランスを壊してしまった。将来は骨粗しょう症などが頻発し平均寿命も低下しかねない」と指摘する。同調査によると、20代女性のエネルギー摂取量は約1700キロカロリーで、必要量よりも300キロカロリー不足している。 (毎日新聞‎2009年11月26日) -------------------------------------------------------------

Superflyの音楽は、新しいようで懐かしい・・ ああいう、パワーのある女性ボーカルのロックバンドってなかなかないですよね。 ファッションももちろんですが、 サウンドと声に、熱かった時代を感じさせるものがあるな〜なんて思います! きっとそういう空気が表現されるファッションブランドになっていくんでしょうね。 ------------------------------------------------------- Superflyをイメージしたファッションブランド、COSMIC MARKETが誕生することになった。 このブランドは、サンフランシスコの60年代ヒッピーを思わせるアイテムで知られるブランド、A・I・Cが新たに設立したもの。ブランドディレクターの小林真奈美は、セカンドサマーオブラブを世界で体験し、60年代ボヘミアンの自由な精神を愛してやまない人物だ。そんな彼女が、小柄でキュートなルックスに収まらない存在感を持った越智志帆の、パワフルで愛に満ちあふれた歌声とノスタルジックなロックサウンドに共鳴し、新ブランドのデザインを開始することになった。 (ナタリー‎2009年11月21日) -------------------------------------------------------------

8月に閉店したそごう心斎橋本店の後が、大丸になり、ブランドやショップを一新して、若者向けに大幅にかわったそうです。 若者向け商品を並べるだけでなく、コト消費を、ということで、 若者に浸透しているジャンルを大きく取り入れて、その中に消費するポイントを盛り込んだ感じになるようですね。 アロマテラピーのように、ひとつの、生活スタイルとして定着するジャンルも多いので、そういう視点を充実させて、いろいろなスタイルを提案してくれるような形にしていってくれると、多くの人を集める場所になるのでは。 ------------------------------------------------------- 11月14日、大丸心斎橋店北館がオープンする。今年8月末に閉店した旧そごう心斎橋本店の土地・建物を取得し、展開ブランドやショップをリニューアル。地下鉄心斎橋駅に直結する地下フロアにヤングファッションを多数集積し、未開拓だった若い女性客の獲得を狙う。  さらに、モノを売るだけでなく、「コト消費」に対応する商品カテゴリーとサービスを充実。スポーツやリラクシングといった今の時代に欠かせないジャンルを強化したほか、関西最大級のゴルフフロアとブライダルサロンが登場する。 (日経トレンディネット‎2009年11月12日) -------------------------------------------------------------

ワコールは、ワコールの直営ブランド「AMPHI(アンフィ)」とファッション雑誌「sweet(スウィート)」がコラボして、インナーウェアとルームウェアを発売するそうです。 絶対、可愛いモノになること間違いないですね! 女のコは、家にいるときも、リラックスしながらもかわいくありたいと思ってるハズ。 そういうコたちにぴったり。急に誰かが訪ねてきても、かわいく迎えられるルームウェアなんか良いですね! ------------------------------------------------------- ワコールは、ワコールの直営ブランド「AMPHI(アンフィ)」から、20代の女性に人気のファッション雑誌「sweet(スウィート)」(宝島社:発行部数70万部)とコラボレーションしたインナーウェアとルームウェアを11月12日から発売する。  この商品は、雑誌「sweet」編集部と「AMPHI」の商品企画チームで、女の子が自分のために可愛いと思える「自己満足のガーリー(女の子っぽさ)」をテーマに企画した商品とのこと。女の子をイメージする“かわいらしさや少女らしさ”をリボンやフリルをモチーフにデザインしたアイテム全6点を展開し、この企画によって「AMPHI」の認知拡大を狙うとしている。全国の「AMPHI」、「AMPHI deux」、「Subito」直営店49店舗、ワコールウェブストアで発売する。  ファッション雑誌「sweet(スウィート)」の、いつも女の子が“可愛いと思える”最新の情報を誌面で発信するという考え方と、ワコールの直営ブランド「AMPHI」の「いつでも新しい、かわいい」商品を提案するという方向性とが、共通した世界観を表現できるものと考え、6月発売号から6ヵ月間「AMPHI」の商品をタイアップ掲載することになったという。 (マイライフ手帳@ニュース‎2009年11月7日) -------------------------------------------------------------

「美少女図鑑」というタイトルがまた特徴的ですが、 地域で話題になっているようですね。 以前、テレビで特集されているのをみたところ、掲載された女の子たちも、 みる人たちも、まさか地元でこういうキレイでおしゃれな写真がとれるとは思わなかった、と感想をいっていました。 青森のような海も山もある自然いっぱいなところでは、どういう女の子たちが被写体になったのでしょうか。 興味ありますね。 ------------------------------------------------------- 本県在住の一般女性をモデルにした写真集タイプの無料誌「青森美少女図鑑」の創刊イベントが31日、青森市のさくら野青森店で行われた。プロの手によって「きれい、かわいい」に大変身した“青森美人”が掲載された創刊号の先行配布と、モデルによるファッションショーに大勢の人が詰め掛けた。  「美少女図鑑」は普通の女の子をモデルに、地元のサロンなどの協力を得て発行する地域密着型雑誌。全国の地方都市で発行され、発行部数の少なさから「まぼろしのフリーペーパー」と呼ばれている。  同日午後1時からの先行配布には約60人が列をつくり、掲載モデル3人が一人ひとりに出来たての創刊号を手渡した。 (陸奥新報‎2009年11月1日) -------------------------------------------------------------

このページのトップヘ