ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

2014年02月

VOGUE JAPAN4月号では、
いよいよ春ということでショッピング別冊がついてくるとのこと。

私は普段VOGUE JAPANを買って読むことはありませんが、
美容院へ行ったときなどは髪をやってもらっている間に読むことがある雑誌です。

それに、VOGUE JAPANに限らず、
雑誌って、かさばるし値段も高めに感じてあまり買い進まないことも増えましたが、
気分一新したいときには、 ビジュアル的にも楽しくていいですよね。

そのVOGUE JAPANが自分用カスタマイズができる靴やバッグ、
ワインやシャンパンの注文などへ、VOGUEの特集号が案内してくれるとのこと。

お買い物特集が季節代わりに用意されていたりすると、ついつい購入してしまいそうです。

とはいえ、VOGUE JAPANで紹介する商品はお値段が高そうですので、
自分で購入するということはありそうもありませんが…。

----------------------------------------------------------------------

ずっと気になっていた憧れアイテム、今こそ手に入れる時です!『VOGUE JAPAN』4月号には、「極上を買おう!」をテーマに、ファッションアイテムから国内のデスティネーション、インテリアグッズまで、春からのモードとライフスタイルを一新してくれるお買い物アイデアが詰まったショッピング別冊付録がついています。自分流にカスタマイズできる靴やバッグでユニークピースをオーダーするのもよし、特別な日に飲みたいワインやシャンパンのご褒美で自分を甘やかすのもよし。ベッドやソファ、思い切って大物家具を購入して部屋をリフレッシュするアイデアも。

(VOGUE NIPPON 2014年2月28日)
----------------------------------------------------------------------


景気がよくなると鮮やかな色が流行り、
不景気だと落ち着いた色が流行る。

確かにそうかも。

バブル時代の雑誌などみると、
くっきり口紅があかく、
むらさきや黄色などのはっきりした色合いの
スーツで闊歩する女性たちが多いですしね。

このごろのCMをみていると、また真っ赤な口紅が流行のきざしのようで、
というか化粧品やさんが流行らせようとしているのかもですが、
印象としてはパッとして、
何かこれまでの雰囲気をいっそうしてくれそうなそんな強さを感じます。

たぶん春もののコートなども、ビビットカラーが増えてくるのでしょうか。
楽しみです。

それと、景気が良くなるとミニスカートが流行るそうです。
でも、ミニスカートは景気が悪い時期もずうっと履いている人は多かったので、
今回アベノミクスで景気が上向きと言われていますが、
ミニスカートは継続して流行るという感じかな。

----------------------------------------------------------------------

今年の春は「ビビッドカラー」が人気のようだ。新聞記事によると、今、百貨店では、濃いピンクや赤、オレンジといった目の覚めるようなはっきりとした色合いのスプリングコートやワンピースが女性に売れているそうだ。

アパレル業界では、景気が良くなると鮮やかな色が流行り、不景気になると落ち着いた色が流行るというのは有名な話らしい。

景況感は女性のスカートの長さにもあらわれるらしい。景気が良くなるとミニスカートが流行るそうだ。そう聞くと、バブル期のボディコンの超ミニが思い浮かぶが、日本で初めてミニスカートが流行ったのは高度経済成長期真っ只中の1960年代、スーパーモデルのツィッギーの来日がきっかけだそうだ。

(ハフィントンポスト 2014年2月17日)
----------------------------------------------------------------------

ファッション関連のソーシャルメディアなどが必要とされている感じはします。
コスメ系にはアットコスメが有名ですよね。
そういったものがあったらいいなと、年代問わず思っている人は多いのでは。

「Motilo」というメディアがあって、
これはファッションに特化したQ&Aなのだとか。

コーディネートに関する質問をして、
その回答に使われた服を購入できるというものです。

しかも単にQ&Aではなくて、
ファッションの編集者が書いた記事も多くあるそうなので、
コーディネートに生かすこともできますよね。

Q&Aサイトを利用する人は年代を問わないし、
迷いがあるから質問するので、回答をそのまま購入したいと思う人は確かにいるはず。

サクラとか、営業とかじゃなくて、普通に利用ができたら有意義なものになりそうです。

----------------------------------------------------------------------

そういった中で、今回紹介する「Motilo」はファッションに特化したQ&Aメディア。友人や専門家にコーディネートに関する質問をして、回答に使われた服を購入することができるサービスである。

自分で質問することはもちろん、他の人がした質問を検索することが可能な点がこのサイトの特徴。例えば、“レザーのジャケットの着こなし方”を検索すると、関連するQ&Aを閲覧でき、参考にすることができる。

加えて最大の特徴とも言えるのが、Q&Aサイトでありながら、編集者が作った特集記事が多くあり、ファッションメディアの一面もある点。

(マイナビニュース 2014年2月13日)
----------------------------------------------------------------------

「スポーツファッション」というのが確かにあるんですよね。
特にスポーツ好きとは思えない人が、
流行にのってスポーツブランドのファッションで固めているのは確かに痛いかも・・

最近はスポーツブランドやさんはセンスがよく、
かっこいい感じにしているお店が多いですから、
昔よりも普通の人が買いやすい、
買う気持ちになるお店の雰囲気になっているのでしょう。

そういえば、お笑い芸人の土田さんも
アディダスで全身をかためているということを聞いたことがあります。

土田さんはアディダスが似合っていましたよね。

----------------------------------------------------------------------
スポーツブランドが大好きな男性たち

・上から下まで全身一つのスポーツブランドでそろえた男と付き合ってたことがあります(笑)。スポーツ用品店で、マネキンのコーディネートのまま買っていたようでした。当時はおしゃれなスポーツ用品店なんて、あまりなかったですからね。

・スキーもテニスも一切やらないし、アスリートでもなんでもないのに、どうしてか“HEAD”のトレーニングウエアやジャージの上下をいつも愛着していた人がいました。いい加減にして~。

(エキサイト: ニュース 2014年1月29日)
----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ