ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

2017年11月

先日、クリスマスツリーの点灯式があったようで。

それに出席した芸能人の方のファッションについて、
ドン小西さんが意見を述べられていました。

確かに、それはあるかもですね。

点灯式というセレモニーで、
ごく一般的なフレンドリーな服装で臨むということは、
なんのための芸能人かという感じは、あるかも。

ここを豪華に素敵にできるのが、
芸能人たるところかもですから、
ドン小西さんのいうこともちょっとわかるかなと思います。

芸能人はやはり華やかさの演出の一つとして呼ばれている訳ですから、
ファッションも華やかにしてほしいというのは分かります。

それとも、本人たちは、
ツリーが華やかであるのだから、
わき役に徹しようとしたのかも?

とはいえ、こういう批判を常に浴びるというのも
なかなか大変な職業ではありますね。

----------------------------------------------------------------------

最近、点灯式はどこも、コート姿の芸能人が多いけど、ほんとやめてほしい。だって、観客の目を楽しませるのが仕事。防寒もできる華やかでスターらしいファッションが、いくらでもあるのにさ。

 この日も、ツイードのチェスターコートに、地味なスーツと地味なタートルネックの大泉洋さんなんて、そのまんま一般人だけど、北川景子ちゃんだって、気合が入っているのは靴だけ。花柄のワンピースといい、白いファーコートといい、港区あたりのOLレベルだよ。

(AERA dot. 2017年11月26日)
----------------------------------------------- 

フォーエバー21で、
全身がスケスケなオールインワンがあると・・

見たのですが、
これをハードな感じに仕上げるには、
靴とか髪とか、メイクとか
全部きちんとハードなかたちに仕上げないと、
ちょっと怪しい感じになりそうですね。

なにか忘れてきたの?みたいな・・

こういったセンスが問われる服はほんとに難しいので、
ファストファッションならではの価格を、
新しい挑戦に生かす感じで楽しむ人には、
いいのかもしれませんね。

----------------------------------------------------------------------
【公式「ライダースを直に羽織るべし」】
公式サイトで披露されているのは、ヒールのあるホワイトブーツにブラックのライダースジャケットを合わせたハードなコーディネート。サングラスと鎖みたいなベルトもあわせていて、映画『HiGH&LOW』シリーズにでも出てきそうな佇まいですっ。

コレを街中で実行するにはおそらく相当の勇気が必要ですし、露出が多すぎることもやや気になります。

(livedoor 2017年11月18日)
----------------------------------------------- 

髪の色を季節によって変える、という発想は、
昔はちょっと考えらえなかったかもしれないです。

髪のカラーリングが、それだけ、
一般的になっている証拠ですよね。

美容師さんにお願いすると、
絶妙な色合いに毎回調合して染めてくれますが、
料金がそれだけやはり高いので、
なかなか、いつもお願いすることができません。

でも最近、市販のカラーリング剤でもちょうど合うものをみつけました。

泡タイプのものってショートヘアだとなじませるのが意外と難しいのですが、
その商品はわりとゆるめで、根元までの浸透が早く、
とっても扱いやすいです。

秋色というわけではないですが、
ヘーゼルナッツのような微妙なカラーがあって、
ファッションを問わない仕上がりも気に入っています。

もっとそういう商品が増えたらうれしいのですが。

----------------------------------------------------------------------

アイテム選びはセーフでも、色のセンスがなくてダサくなっているケースは珍しくありません。ファッションはもちろん、髪の毛やネイルの色のセンスも問われます。やっぱり色選びはプロを参考にしたいものです。

 美容家の君島十和子さんは、秋色に髪色をチェンジしたそう。「秋色のトーンに少し抑え気味」「でも光が当たるとクルミのようなベージュに透ける」絶妙な髪の色に仕上げてくれた、美容師さんのセンスは本当にすごいと大絶賛していました。この美容師さんは、季節によって髪色を微調整してくれるそうです。

(アサジョ (ブログ) 2017年11月4日)
----------------------------------------------- 

このページのトップヘ