最先端をいくファッションショーからは、
今年の秋冬ファッションはどうやらロングが主体、
というトレンドがうかがえるとか。

70年代ファッションには、超ミニなどもあって、
超ミニ風のキュロットスカートなども、はきやすさもあってか着ている人が多かったですね。

それが、マキシ丈をキーワードに、
コートやスカートなどにロングが反映されてきそうだとか。
ミニでずっと来た人には、切り替えがなかなか難しそうなトレンドです。

ロング丈のスタンダードアイテムでレイヤード、という、
ボリュームのあるシルエットが喜ばれるのでしょうか、
それもまた、新鮮そうで楽しみです。

----------------------------------------------------------------------

春から続く70年代ファッションやフォークロアといったトレンドの流れから、秋冬シーズンは"ロング&リーン"の縦長シルエットを完成させるロング丈のアイテムに注目が寄せられている。海外では「マルニ(MARNI)」や「クロエ(Chloe)」、「ステラ・マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」、「ドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)」といったブランドが、リュクスな素材をたっぷり使用したマキシ丈のスーパーロングコートや、"ロング&リーン"のフォルムを提案。国内でも「ビューティフル ピープル(beautiful people)」や「チノ(CINOH)」といったコレクションブランドが、ロング丈のスタンダードアイテムで新鮮なレイヤードスタイルを打ち出している。

(Fashionsnap.com 2015年8月19日)
-----------------------------------------------