ビジュアル検索、というのはいまひとつピンとこないのですが、
Googleでいう画像検索のように、
「こんなの」という画像によって検索して、
近いものを出してもらえたらきっと便利ですね。

特に買い物する場合は、
「ダークグリーンのセーター」を想定していても、
それを「ダークグリーン」と呼ぶのか、モスグリーン、
あるいはそのショップブランド独自の個性的な色名で呼ぶのか、
けっこういろんなパターンがあって、
思う商品にたどり着けなかったりします。

そういう目にあわないためには、
見た目で検索できたらいいなというのは、
ユーザー共通の願いのように思うので、
ビジュアル検索が発達するのは便利そうです。

----------------------------------------------------------------------

ファストファッションのブランドたちは、オンラインのマーケットシェアをめぐって熾烈な競争を展開している。そこではビジュアル検索(visual search)が競争優位を得るひとつの手法として注目を集めているようだ。

(DIGIDAY[日本版]- 2018年9月5日)
----------------------------------------------