フォーエバー21が日本から撤退するとのニュースで、びっくりしました。

わたしの住む地域には
そんなファッション自社ビルが立つようなことは絶対にありませんが、
首都圏に行った際、その大きなビルを一面、
品質はチープかもしれないけれど
おしゃれな服がたくさん埋め尽くしているのをみて、
これはすごいと思った記憶があります。

しかし、わたしのまわりには
フォーエバー21がないからといって、
困っている人は会ったことがないですし、
安い服であればしまむらで、
チープだけれどもいい感じの服が買えたりするし、
そうでなければ、ネット通販で安い服が売っているので、
そういったものをまとめ買いして、
余った服はドンキで売って・・・といった感じで、
安いなりのローテーションが完成していたりするんですよね。

なので、首都圏にいってフォーエバー21でまとめ買い、
みたいな習慣はついにつきませんでした。

それを考えれば、
撤退もしかたないのかも、
という気はします。

----------------------------------------------------------------------

日本での事業展開ではファーストリテイリングも大きな壁となった。傘下のユニクロは低価格で高品質な定番商品で老若男女から幅広い支持を集める。さらに低価格で流行を取り入れたGU(ジーユー)が出店を増やしていることもフォーエバー21には逆風となった。米GAP傘下のオールドネイビーも17年に日本から撤退するなどファストファッションの淘汰が進む。

(日本経済新聞-- 2019年9月14日)
---------------------------------------------