ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

カテゴリ : その他のファッション関連ニュース

カギ十字・・政治的な意味合いとしては
とてもハッピーなものとは言えません。

それをファッションとして
扱っていいのかどうかもちょっと怪しいですが、
実際、これをファッションとして
Tシャツにした人がいるそうです。

自分が好きで着る分には
構わないかもしれませんが、
それを着てネットで拡散されることは、
ある意味、政治的な主張を疑われても仕方がないようにも思います。

結構ありますよね、ファッションとして
ちょっと刺激的な感じを表すのに、
歴史で受け継がれた何かのマークや紋章を使ってしまう、
特にロック系のアーティストやファンの方など。

ファッションは洋服ではありますが、
身に付けるということは
その人の主張ととらえられてもしかたがないところがあります。

正しいことを知ってからじゃないと
何もできないのであれば、それは窮屈すぎますが、
ある程度は背景なども知ったうえで
ファッションにとりいれるのも大事かなと思います。

----------------------------------------------------------------------

タイの女性アイドルグループBNK48のメンバー、ナムサイ(Namsai)さん(19)は、ナチス・ドイツ(Nazi)のかぎ十字が描かれたTシャツを着た写真が拡散したことが原因で、グループから追放されるのではないかと心配していた。だが、この騒動がなかったら、自分が選んだファッションに問題があるとは気づかないままだっただろうと話す。

 ナムサイさん(本名:ピッチャヤーパー・ナーター<Pitchayapa Natha>)は先月、赤地に黒いかぎ十字が付いたナチス・ドイツの国旗が描かれたTシャツを着てリハーサルに臨んでいた様子がテレビ放送され、イスラエル大使館が「衝撃と失望」の意を表明するほどの騒動となった。

(AFPBB News 2019年3月10日)
--------------------------------------------- 
 

彼氏のファッションセンスをどうにかする、
というのは、おしゃれな彼女にとっては永遠のテーマかも。

しかし正そうにも難しいですよね、
人としてズバッとは言いにくいことだし。
やるとしたら、自分がおしゃれと思ったアイテムかなにかを、
コーディネートを考えたうえで
プレゼントするとかはいいかもしれません。

柄オン柄は、
センスがない人がやるとそれだけになってしまいますが、
センスがあるひとがやると、
それはそれでかわいくみえたりするんですよね。

でもかなり、上級者レベルかなと思いますが。

----------------------------------------------------------------------

「学生時代に付き合っていた彼なんですけど、ファッションセンスがちょっとズレてるというか……。変ではないけど、時々なんでソレにソレを合わせた!? というよくわからない組み合わせをすることがあるんですね。

思わず『その組み合わせじゃ目がチカチカしちゃうよ。シャツはこの色にするのはどう?』とスパルタぎみに調教しちゃいました。

(ananweb 2019年2月20日)
--------------------------------------------- 
 

最近、90年代、80年代、70年代と、
2000年代よりも前のファッションや流行が、
なつかしくて新しいものとして
取り上げられることが増えているように思います。

若い世代の人にとっては
新しいのだろうなと思っていたのですが、
今度、マウジーから提案されるのは、
50年代のファッションに着想を得た、
上品で知的な女性像を提案するファッションだとか。

腰元のリボンがポイントとなるパフスリーブのワンピース。

聞いただけでも古風と云うか、
かなり映画の中の世界という感じがしますね。

昔の映画で、家庭教師の女性が
身に付けていたようなファッションを連想します。

気品もあって女性らしいのは、
ウエストやくびれなどが強調されているせいでしょうか。

回帰と云うだけではない魅力がありますよね。

----------------------------------------------------------------------

MOUSSY)から「カプセルコレクション 2019スプリング」が登場。2019年2月22日(金)に、マウジー国内全店舗・シェルター国内全店舗・シェルター ウェブストアにて発売される。

展開されるのは、腰元のリボンがポイントとなるパフスリーブのワンピースや、ベルト付きのハイウエストパンツ、ヴィンテージ風のストライプワンピースなど。どこかレトロなムードが漂うアイテムは、ゆったりとしたエフォートレスなスタイルながらも、気品溢れる佇まい。ウエストマークやギャザーで緩急をつけたり、タックによって美しいドレープを生み出したりと、シルエットに拘ることで、洗練された現代のワードローブへと昇華している。

(Fashion Press 2019年2月14日)
---------------------------------------------  

ブラックの大流行は、
数年単位で繰り返されている気がします。

黒を着ることでなんでもオシャレにみえる、
みたいな時代もありましたが、
いまは、いろいろなかたちの服が当時よりもずっとあって、
なんでも黒ならいいとは、ちょっと思えません。

やはりふわっとした雰囲気を出したいからそういう形の服を選んだのに、
色選びを間違えると、ぜんぜん違う印象になってしまいますね。

昨年、黒、とかそういう極端な色が
流行っていたかわからないのですが、
振り子は極端に振れるということで、
今年の流行はカラフルなものだとのこと。

そういう予想はあたるのでしょうか。

あたらなくても、カラフルなのは個人的に嬉しいです。

黒とかグレーが流行になるより、
カラフルだと街も元気に見えると思うのですよね。

というか、着ている人自身も
カラフルだと気持ちまで元気になる気がします。

----------------------------------------------------------------------

2018年、ブラックが#MeTooムーブメントのシンボルカラーとなった。2019年はさまざまなカラーが流行りそうだ。

Lystでの蛍光カラーについての検索は過去12カ月で120%増加した。広報担当者は、これはカーダシアン&ジェンナー家に影響されたものと語った。

特に、あるネオンカラーのアクセサリーへの関心は急激に高まった。クラッチバッグだ。2018年9月以降、2万回以上、検索された。

(BUSINESS INSIDER JAPAN 2019年2月2日)
--------------------------------------------- 

リゾート系のファッションは、
夏になるとかなり広く雑誌に載ったりして
プロモーションされます。

わたしは、でも籐であんだバッグとか、
オーバーサイズのワイドパンツとか好きで、
季節を問わず取り入れたくなるのですが、
お天気や気候とはちょっとかみ合わないときがあるんですよね。

でも、ファッションモデルさんをみると、
リゾートコレクションをステージの上で
さっそうと着こなしているので、
ああいうふうに普段の服装に取り入れるのなら、
季節違いでも通年で、取り入れられるかなと思います。

中でも藤のバッグなどは、
かたちがかっちりしていて使い勝手がいいので、
冬服でも違和感のないコーディネートとかが
あったらぜひ取り入れたいと思いますね。

----------------------------------------------------------------------

PART1に引き続き、女性スタイリストたちが今、ウィッシュリストに入れている2019年リゾートコレクションを調査。トレンドを熟知した彼女たちが今最も気になるアイテムとは?おしゃれのアイデアを盗んで、ワードローブにフレッシュな風を吹かせてみて。

(VOGUE JAPAN 2019年1月25日)
--------------------------------------------- 

このページのトップヘ