ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

カテゴリ : その他のファッション関連ニュース

製造小売り、という言葉、
わたしははじめて聞いたのですが、
ファストファッションは今、
そういうかたちをとっていることが多いそうですね。

製造する業者が別にいて、
そこから卸して販売するのがか
つては定番だと思っていたのですが、
いまはそうではなく、
商品を企画して作るところから
自分たちでやるのが成功のためになっているのだとか。

確かに、安く売るためには
中間でかかるお金は小さいほうがいいですし、
間に業者を何社もはさむと、
その手数料で高くなるという仕組みがあるので、
安くするためにはそれが大事、
というのもわかります。

それがうまく回らなくなると、
お店が立ち行かなくなる、
ということでしょうか。

アメリカのカジュアルブランドなので、
そんなことはなさそうに思えてしまいますが、
実際にはユニクロなどが独自の路線で利益を生んでいるので、
海外から進出してくるのはなかなか厳しい時代なのかもしれません。

----------------------------------------------------------------------

(株)キャスター取締役COO・石倉秀明氏:
フォーエバー21もそうですけど、ファストファッション業界は明暗がはっきりと分かれてきています。ファストファッションはSPA(製造小売り)と呼ばれる業態を取ることが多く、企画から製造、販売までを自分たちの会社でやり遂げる。これはトレンドになっている商品をいち早く自分たちで作って店頭にたくさん並べて売り切るというスピード感が非常に重要になってきています。例えばZARAですと、企画してから店頭に並ぶまで世界中で一番遅くても3週間というぐらいオペレーションもかなり高度になっています。

(www.fnn.jp- 2019年11月27日)
---------------------------------------------

真っ白い服は、
着るときにちょっとテンションがあがるというか、
気分的にはいいですね。

ちょっと緊張感もあるし、
あわせる服の幅が広いので、
コーディネートもたのしいです。

ワンピースは、でもちょっと年齢を選ぶ気がしますね。

ひらひらしたワンピースでなくても、
まっすぐなラインですっきりしたものなら、
小物の合わせ方などで十分に年齢に応じた着こなしもできそうです。

また、年齢が若ければ、
かわいい小物をあわせると、
妖精ぽい、ふわふわ感が出て着こなす楽しみがありますね。

ただあんまりお金がかかると困るので、
白いワンピであればわたしなら、
もしかしてリユースのものとか探すかも・・

ちょっとくたびれているくらいのほうが、
気取らず着こなせて楽しいですからね。

----------------------------------------------------------------------

「真っ白」が思いきり楽しめる5,000円台ワンピース。これなら汚れも怖くない!

冬になると、白い服が気になりはじめますよね。普段は、アイボリーやオフホワイトなど、少しマイルドなホワイトを選ぶことが多いのですが、冬に限っては「真っ白」が気分です。

しかしながら、「白」と切ってもきれない悩みは「汚れ」。特に、子どもと一緒の時の白はタブーです!洗っていない手でベタッと普通に触りますし、抱っこをしていた頃は、オマケで鼻水がついてきたりして(笑)。がっかりしないために「真っ白=プチプラ」。これがわたしにとっては必須条件。

(Yahoo!ニュース- 2019年11月14日)
--------------------------------------------- 

おばさんのファッションになっていませんか、
という問いかけがある記事がありました。

あがっていた事例が現実的で、思い当たるところがありますね。
特に、シンプルなカラーで、華やかな色がぜんぜんないという・・

あと、アンティークな柄の洋服は
素敵なのでどうしても主役にしたくなりますが、
それを主役にしすぎると、
下手すればおばあちゃんになる、という指摘も・・

思い当たり過ぎて、ちょっと恥ずかしいですね。

若い人でも、ボリュームがあって
アンティーク風な服を重ねすぎると、
ちょっとおばさんっぽく、
かわいさが消えてしまう部分がありますから。

おしゃれなひと人は重ねるのが上手ですから、
そうはならないように、
アクセントをきかせたりして上手に装うのだと思うので、
そのへんはファッション誌やネットなどで、
研究してみるのもいいのかも。

----------------------------------------------------------------------

大人女子を超えてオバサンになってしまっていませんか?ファッションは一歩間違えばとんでもない方向になってしまうものです。
(1)色がない服
『華やかな色がまったくない服はおばさんっぽい』(27歳/サービス)灰色や紺色や黒など、コーデをすべて色がない服にするのはNGファッション。完全にオバサンになってしまいますよ。若い女性はきれいな色を必ずシンプルなカラーの服装の中にも入れています。なので服装で補いきれない場合は、必ずアクセサリーなどでバランスを取るようにしましょう。

(livedoor- 2019年11月14日)
---------------------------------------------

紅茶は、コーヒーに比べると飲む機会が少ないですが、
そのファンは、どっちかというと
ファッションも女性らしく繊細な傾向にある気がします。

それは、紅茶をいれるカップや道具なども、
繊細なつくりのものが魅力的であることが多くて、
文化としても王朝などと関係があったりして、
英国文化と切り離せないものだからだなと思いますね。

いま、神戸ファッション美術館では、
そのような展示会をやっていて、
ティーセットはもちろん、
1830年代の紅茶文化にまつわる茶器や
ドレスなど300点が展示されているとか。

紅茶がなんとなく、優雅で優美な雰囲気なのは、
そういった文化的な背景があるからなのですね。

王朝ファッションなどとも切り離せないので、
現代に受け継がれる品の良さがあるのかも。

----------------------------------------------------------------------

神戸ファッション美術館にて、特別展「アフタヌーンティーのよそほひ―英國紅茶物語」が、2019年11月23日(土・祝)から2020年1月19日(日)まで開催される。

英国が生み出した紅茶文化、アフタヌーンティー。「アフタヌーンティーのよそほひ―英國紅茶物語」は、茶器やドレスなど約300点の展示を通して、紅茶の歴史からアフタヌーンティーの起こり、そして大衆の紅茶文化まで、優美な“紅茶の世界”をひもとく展覧会となる。

(Fashion Press- 2019年11月8日)
--------------------------------------------- 

スポーツテイストがファッションに
堂々と取り入れられるようになって結構経ちます。

以前は、スニーカーやスポーツシューズは、
ファッショナブルとはまたぜんぜん違う機能性や、
かっこよさが追求されていて、
それは玄人好みというか、
足の負担をやわらげるとか、機能性のほうが、
どちらかというと追求されていたように思います。

でも、最近はよく、
スポーツシューズの機能性をファッションに取り入れて、
ファッショナブルなのと両立したブランドなども増えていて、
利用している人も増えました。

通勤時に、
スポーツブランドの靴やアイテムを取り入れるのも、
ファッションの中でひとつちょっとスパイスになるというか
見ていても気持ちの良いものです。

以前からあったランニングシューズ、
ZIGがよりファッショナブルに生まれ変わって発売になったそうです。

こちらもファッショナブルな人たちに歓迎されそうな素敵なアイテムですよね。

----------------------------------------------------------------------

ボリューム感たっぷりの分厚いソールに合わせた、繊細なグラデーションカラーが新鮮。2009年に誕生したリーボックのランニングシューズ「ZIG」をベースに、よりファッショナブルに生まれ変わった「ZIG KINETICA CONCEPT TYPE 1(ジグ キネティカ コンセプト タイプ ワン)」(各1万9800円)2モデルが、それぞれ11月8日、12月4日より発売されます。

(&GP- 2019年10月31日)
---------------------------------------------  

このページのトップヘ