ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

カテゴリ : コーディネイト

冬のファッションといえばニットですね。

ニット、わたしはたまたま形が気に入って、
あと、冬でも暑い部屋が多いので、
そのほうが過ごしやすかったのもあって、
Vネックのプルオーパーを愛用しているのですが、
世間的にもVネックのセーターが利用されているようですね、
寒いからあんまり周りには利用者いないのですが。

でも、冬は厚手のコートを着ていることが多いので、
中は脱いだらすっきりしたものを着ているほうが、
雰囲気的にもメリハリが効いていいかなと思います。

ニットワンピースというチョイスも
そういうあたりから成されるのかもしれません。

----------------------------------------------------------------------

(1)薄手のVネック
『すっきりしておしゃれに見えるし、首元を見られるのが良い』(32歳/商社)
薄手のニットは体のラインが程よく出ますので、女性らしさをアピールできます。
中でもVネックは胸元が開き、鎖骨が見えるので、さりげない露出が魅力です。

(2)ニットワンピース
『体のラインが出るのが良い』(28歳/金融)
体のシルエットが目立つニットワンピースも男性ウケがいいファッションです。
肌は見せていないのに、体にフィットしていることでセクシーな印象を与えます。

(livedoor 2019年1月11日)
---------------------------------------------

今年は、フリンジが流行っているとか。。

フリンジってどっちかというとウエスタンとか、ハード系というか、
女性のファッションで流行るのは
ごく部分的なアクセサリーとかかなと思っていました。

でもそういえば昨今、アジアっぽいファッションとかで、
フリンジがついたベストとか、身に付けている人はいました。

今度はもうちょっと女性らしく、
ビジューとかと合わせて、
靴の飾りとしてとりはずし自由なものとかが出てきているようです。

これだとちょっと華やか過ぎるかな、
かわいすぎるかなと思っても、
試すことができそうですね。

----------------------------------------------------------------------

ビジューやスパンコールのフラワーなど、女性が大好きなモチーフをデコラティブに飾ったメタリックピンクのミュール。ナイトシーンでグラマラスな足もとを狙うも良し。デイスタイルならカットオフデニムに合わせてもOK。
今季注目のギンガムチェックにリュクスなフェザーを合わせて、グラマラスなシャツドレスを楽しんでみない? 歩く度にスウィングするイエローも気分を上げてくれる。

(VOGUE JAPAN 2018年5月20日)
-----------------------------------------------

初夏のファッションは、
地方都市ではまだ早いところもありますが、
首都圏はもう暑い日すらあるようですね。

長袖1枚で歩けるシーズンは北国では短いです。

コートを脱いで大丈夫だと思う頃には結構暑くなっていて、
あっという間に半袖シーズンになってしまうので・・

でも今から意識しておけば、
初夏のファッションという微妙な時期も、
爽やかに季節の変わり目を楽しむ感じで装えるのかも。

プリーツスカートなども店頭にたくさん並んでいるので、
手に取りやすいですね。

----------------------------------------------------------------------

<大人系>涼しげでエレガントなコーディネートは、大人のデートスタイルにぴったり!ホワイトのブラウスは、Vネックの程よい開き具合が爽やかで清潔感のある一着。トレンドのラベンダーカラーを品よく取り入れると、女性らしさと華やかさを演出できます。

(ozmall.co.jp 2018年4月19日)
-----------------------------------------------

洋服を買ったり着まわしたりするとき、
考えなくてはいけないのがコーディネート。

いま、これをどういう風に扱うかで
差別化をはかっているお店は多いようです。

実店舗では店員さんが自分のセンスを武器に
アドバイスをしてくれるわけですが、
これを通販でも行うことを考えると、
どこのショップサイトでも同様に出来ている感じはしないです。

ネットショップの強みは、
コーディネートをモデルさんを通じて提案してくれているところが多く、
実際に参考になるのですが、
アプリでコーディネートを管理しようという提案もあるのだとか。

自分のクローゼットや似たイメージを共有している人を巻き込んでの
コーディネート提案をしてくれるのも考えられているのだとか。

なんかすごい世の中になってきましたよね。

----------------------------------------------------------------------
XZは、自分の持っているファッションアイテムを登録して、コーデを作成、共有して楽しむアプリだ。カレンダー機能では、毎日の洋服のコーデを記録することができ、過去に何を着たかを把握できる。

ただ、XZは自分のクローゼットのみをデジタル化するアプリではなく、「ユーザー間で1つのデジタルクローゼットを共有しているイメージ」とSTANDING OVATION代表取締役CEOを務める荻田芳宏氏は説明する。ユーザーは、自分の手持ちアイテムに限らず、他のユーザーが登録したアイテムでもコーデを作成することができる仕組みだ。

(TechCrunch Japan 2017年8月28日)
-----------------------------------------------

ポップなストライプのシャツ、
今年は売っているのをよく見かけます。

やっぱり少し前の年代が好まれている時代だからでしょうか。

少し古めかしい感じもするのですが、
グラマラスなウェーブの女性が着ていると、
なんともいえずセクシーな着こなしにみえるのですよね。

メンズライクなデニムパンツとかに合わせていると、
70年代のスターのような雰囲気もあったり、
ちょっとモデルさんのように、
着こなしを試したくなってしまいます。

私は、ファッションに合わせて
髪にウェーブやパーマをかけるというまでの手間はかけられませんが、
出来る人はこのようなヘアスタイルまで合せてコーディネイトするのもいいかもですね。

----------------------------------------------------------------------

ポップな印象のストライプに、刺繍やボタンといったアジアン要素が加わることで、フェミニンなワンピースにストリート色がプラス。そんなエキゾチックな雰囲気漂うファッションスタイルは、ほつれるような崩し方が今どきのウェーブヘアにぴったり。

前上がり気味のマッシュレイヤーにニュアンスのあるパーマを施し、マットベージュのヘアカラーも手伝って、適度なツヤと透け感が生まれている。髪をかきあげたかのような深めのパートに分けることで、ボリューム感も絶妙。ラフに仕上がりながらもナチュラル過ぎず、媚びない女性像をイメージしたモードな雰囲気に見事にシフトしている。

(ロケットニュース24 2017年5月26日)
-----------------------------------------------

このページのトップヘ