ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

タグ: ニーハイブーツ

ニーハイブーツは、海外の地域によっては、
売春婦的なよくないイメージを持たれてしまうとか。

初めて聞きました。
ブーツのルーツは海外ですから、そちらの国にはそちらの国の常識もあるでしょうね。
日本国内ではともかく、海外へいく際にはそういったことも気にするほうがよいのかも。

日本でも、着物の着方にいろいろあったりするんですよね。
ミニスカート風になっているファッション性の高い着物は、
日本古来のものからみれば非常識はなはだしいですし、
かなり年配の方が振袖をファッションとして着ているのも、
おかしく感じている方もいらっしゃるようです。

あと、えりを抜いて着るのも、
昔の花魁みたいといって注意する年配の方もいらっしゃるので、
このへんは臨機応変に行きたいものです。

----------------------------------------------------------------------
ミニスカートや短パンで合わせてしまうのがダメなんです。その格好にもよりますが。何故か、アジア人がするといやらしい、という話になっております。日本の女性雑誌のモデルもそうしているから、みんな真似するのかもしれないですね。売りたいのは分かりますが、漫画や売春婦のような格好を宣伝して欲しくないとデザイナー達でよく話に持ち上がります。

世界中の街に売春婦の地区があります。昨日も仕事でパリのある地区に行きましたが、ニーハイブーツでミニスカート履いた女性が立っていて、スーツをきたダンディーな男性が話しかけて部屋に入って行くの見ました。

(日刊アメーバニュース 2014年1月5日)
----------------------------------------------------------------------

シャルレーヌ妃は、お話の中のおひめさまのように美しいですよね。
よそおいも、おひめさまらしいドレスはもちろんお似合いですし、
それとは少し離れたハードなファッションも、ちゃんと着こなしてしまうところが素敵です。
長い髪は結んだりアップにしたりとバリエーションが豊富なのが楽しいですが、
ショートにすると、ごまかしがきかないところが逆に気持ちがひきしまって、
よりファッショナブルなところが強調される感じがします。すてきですね。

---------------------------------------------------
抜群のスタイルを持ち、常にファッショナブルな装いで知られるモナコのシャルレーヌ妃。

どんなファッションでも見事に着こなしてしまう妃だが、ここ数か月はアクリス(Akris)のアンサンブルや、ニュートラルなファッション、そして短いヘアスタイルが特徴だ。そして今度は...キャメル色のコート。12月12日にモナコの子供たち向けのクリスマスのお祝いでは、レザーのニーハイブーツを合わせていた。

妃が着ているのは、2列ボタン式のミリタリー調コート。細身の黒パンツにフューシャ(鮮やかな赤紫)の口紅が差し色だ。キャメル色が好きなのかはわからないが、髪の色ともマッチして似合うことは確かだ。

(インフォシーク 2012年12月15日)
------------------------------------------------------

このページのトップヘ