ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

タグ: プチプラ

真っ白い服は、
着るときにちょっとテンションがあがるというか、
気分的にはいいですね。

ちょっと緊張感もあるし、
あわせる服の幅が広いので、
コーディネートもたのしいです。

ワンピースは、でもちょっと年齢を選ぶ気がしますね。

ひらひらしたワンピースでなくても、
まっすぐなラインですっきりしたものなら、
小物の合わせ方などで十分に年齢に応じた着こなしもできそうです。

また、年齢が若ければ、
かわいい小物をあわせると、
妖精ぽい、ふわふわ感が出て着こなす楽しみがありますね。

ただあんまりお金がかかると困るので、
白いワンピであればわたしなら、
もしかしてリユースのものとか探すかも・・

ちょっとくたびれているくらいのほうが、
気取らず着こなせて楽しいですからね。

----------------------------------------------------------------------

「真っ白」が思いきり楽しめる5,000円台ワンピース。これなら汚れも怖くない!

冬になると、白い服が気になりはじめますよね。普段は、アイボリーやオフホワイトなど、少しマイルドなホワイトを選ぶことが多いのですが、冬に限っては「真っ白」が気分です。

しかしながら、「白」と切ってもきれない悩みは「汚れ」。特に、子どもと一緒の時の白はタブーです!洗っていない手でベタッと普通に触りますし、抱っこをしていた頃は、オマケで鼻水がついてきたりして(笑)。がっかりしないために「真っ白=プチプラ」。これがわたしにとっては必須条件。

(Yahoo!ニュース- 2019年11月14日)
--------------------------------------------- 

30歳になったらどういうファッションがいいか・・

それは、30歳、30代というのをどうとらえるか、によると思います。

30歳をオトナの女性、といった位置づけに考えて、
いわゆる大人の女性とはこういうもの、という自分のイメージに沿って、
自分をみせはじめるわけですから、

結局、これがカワイイと思って努力していた10代、20代と同じです。

自分の好きなもの、でいいのではないでしょうか。
会社でのファッションならともかく、
プライベートで着るものは、
せめて自分の好きなリボンやレースのワンピース、だってわたしは全然かまわないと思います。

----------------------------------------------------------------------

■プチプラファッション
・「お金がない20代のころによく買っていた安物の服屋で買い物をしなくなりました。購入するとき、30歳も過ぎてこんな安い値段でいいのか……という気持ちになります」(34歳/不動産)

・「安物の洋服。30歳を過ぎたら、いい服といい靴を身につけようと20代のころから決めていたから」(30歳/美容)

■過度な露出ファッション
・「20代のころは男受け目的で、胸元の開いた服や生足ファッションをよくしていたけれど、30歳を超えてからまったくしなくなりました。色気ってそういうものじゃないなあ、と気づいたので」(32歳/広告)

(livedoor 2015年1月15日)
----------------------------------------------------------------------

プチプラの服は若い女の子はいいけど、少し年を重ねてくると、どうも安っぽそうで着にくいという方もいそうですね。

でも、コーディネートのしかたに工夫をすると、プチプラっぽく見えないということ。

アクセサリを合わせるとか、ストールを合わせるとかして、
みた印象に変化をつけるのが大事なのですね。

そういう印象のもたれ方が違うと同じ服でも違う雰囲気に見えそう。
あとプチプラ服は基本的にプレーンなかたちのを選び、色などで遊びを取り入れるのも実際にやれそうでいいと思います。

----------------------------------------------------------------------

小物に投資、小物を活用!

ここでもうひとつ、シンプルアイテムを着こなすための大切なコツがあるんです。それは小物を上手に使うこと!

チカさん:「いつもと同じ」「また着てる」と思わせないコーディネートは、小物の違いで決まります。小物とは、アクセサリー、ストール、靴、バッグなど。合わせるアイテム、合わせ方によって印象ってぐんと変わるの! ある程度、数を持っているとコーデの幅が広がり、おしゃれな印象になりますよ。単体の価格を考えると、お洋服よりもロープライスで購入できるのも小物の魅力!

※同じトップスとボトムスでも、ネックレスやストールを変えただけで印象に変化が!

(Pouch[ポーチ] 2013年12月19日)
----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ