髪の色を季節によって変える、という発想は、
昔はちょっと考えらえなかったかもしれないです。

髪のカラーリングが、それだけ、
一般的になっている証拠ですよね。

美容師さんにお願いすると、
絶妙な色合いに毎回調合して染めてくれますが、
料金がそれだけやはり高いので、
なかなか、いつもお願いすることができません。

でも最近、市販のカラーリング剤でもちょうど合うものをみつけました。

泡タイプのものってショートヘアだとなじませるのが意外と難しいのですが、
その商品はわりとゆるめで、根元までの浸透が早く、
とっても扱いやすいです。

秋色というわけではないですが、
ヘーゼルナッツのような微妙なカラーがあって、
ファッションを問わない仕上がりも気に入っています。

もっとそういう商品が増えたらうれしいのですが。

----------------------------------------------------------------------

アイテム選びはセーフでも、色のセンスがなくてダサくなっているケースは珍しくありません。ファッションはもちろん、髪の毛やネイルの色のセンスも問われます。やっぱり色選びはプロを参考にしたいものです。

 美容家の君島十和子さんは、秋色に髪色をチェンジしたそう。「秋色のトーンに少し抑え気味」「でも光が当たるとクルミのようなベージュに透ける」絶妙な髪の色に仕上げてくれた、美容師さんのセンスは本当にすごいと大絶賛していました。この美容師さんは、季節によって髪色を微調整してくれるそうです。

(アサジョ (ブログ) 2017年11月4日)
-----------------------------------------------