ファッションニュースをチェック!

ファッションをはじめビューティー関連の情報をチェックしています。

タグ: 神戸

神戸で行われる、大丸神戸店の1階で、
募金すると、オリジナルバッジがもらえるとか。

ファッションとチャリティーが合体したイベントはけっこうありますね。

圧倒的に多いのが、
その趣向を記したTシャツやトートバッグだと思います。

面積が大きいので、主張を書いたり、
イメージをイラスト化したりと、
デザイン性が高いものが作れるのもよいところかも。

こちらは大規模イベントになるので、
有名な芸能人のかたなどもかけつけた、
楽しいイベントになる感じです。

チャリティーは真剣にやるものですが、
イベント自体を楽しいものにするのは、
やはり大切なものかもしれません。

----------------------------------------------------------------------

ファッション業界の活性化とチャリティを目的に、2009年に東京で始まったショッピングイベント『ヴォーグ ファッションズ ナイトアウト』が3月25日に、初めて神戸でおこなわれる。「大丸神戸店」1階の元町玄関案内所で募金(「NPO法人 国境なき子どもたち」に寄付)をすれば、オリジナルバッジがもらえる。

大丸神戸店を中心に、旧居留地エリアのショップが参加する同イベントに、ゲストとして長谷川潤や福士リナ、宮迫博之も駆け付ける。当日は、ジャックダニエルの期間限定バーが登場したり、買い物客にスイーツやドリンクのサービスがあるほか、参加店舗でプレゼントも用意。地域ぐるみで春のファッションシーンを盛り上げる。

(Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社) 2017年3月19日)
-----------------------------------------------

神戸は、おしゃれな街としての定評がありますよね。
関東地方でいえば、横浜のような、海にも恵まれたさわやかなオシャレ感を漂わせている気がします。

「神戸市と地元経済界が「神戸ファッション都市宣言」をして今年で40周年」なんだとか。

自分をちゃんと持っている強さが、あのあたりの女性たちからは感じられます。
モデルさんや俳優さんでも、関西出身の方は個性的というか、
その道の一線を走る人が多いように思います。

ファッションは、そんな方々の自己表現として、日々進化しながら街を彩っている。
かつての震災からも見事に復興して、今も変わらずオシャレの街としてあり続ける神戸には、
ほんとうにそんな底力を感じます。

----------------------------------------------------------------------

神戸市と地元経済界が「神戸ファッション都市宣言」をして今年で40周年。記念行事の第1弾となる「神戸ガールズミーティング」が27日、神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO=きいと)で開かれた。

 西宮市出身の人気ファッションモデル熊澤枝里子さんが登場。大丸神戸店(同)やアパレル大手ワールド(同)のスタッフらと美容法や着こなし術を披露し合い、「神戸の女性は流行を取り入れつつ、自分のスタイルを持っている」などと語った。

 最後に、同協会会長でアパレル会社イズム(同)の小田倶義社長が、月曜日におしゃれな格好で働くことを広める「神戸スタイリッシュ宣言」を提案。「ライフスタイルそのものがかっこいい神戸をPRするために、長く続けたい」と話した。

(神戸新聞 2013年4月27日)
-------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ